事業継続計画への取り組み
CSR

事業継続計画への取り組み 災害発生時でも、事業の継続や早期復旧を図るため、危機管理の徹底に取り組んでいます。

事業継続計画(BCP)の策定

地震や台風などの自然災害、新型インフルエンザによる感染症の拡大などの緊急事態発生時に、事業の継続や早期復旧をいち早く図るために、BCP(事業継続計画)を策定し運用しています。

<BCPの基本方針>

  • 人命(従業員・顧客)の安全を守る
  • 自社の経営を維持する
  • 顧客からの信用を守る
  • 供給責任を果たし、従業員の雇用を守る
  • 地域経済の活力を守る

安否確認システムの導入と訓練の実施

スマートフォンのアプリによる安否確認システムを導入しています。大規模災害時には、電話やメールが繋がりにくくなりますが、そういった状況でも安定してメッセージを受け取ることができます。
4ヶ月に1回訓練を実施し、安否をいち早く把握できる体制を整えています。

備蓄品

全事業所に備蓄品(非常食・水・懐中電灯・携帯トイレ・毛布など)を用意し、従業員が帰宅困難になった場合でも施設内で待機できる体制を整備しています。

バルク供給システム

バルクとは、LPガスの貯槽を利用して、エネルギー供給を安全かつ迅速に行うシステムです。
大規模災害により電気や都市ガス等のライフラインが寸断されると、復旧に時間がかかることが予想されます。そんな時でも、コンロや炊飯器、発電機などのガス機器を接続すれば、炊き出しや発電等を迅速に行うことができます。
三重平安閣では、笹川斎奉閣、鈴鹿中央斎奉閣、久居斎奉閣の3ヶ所に設置しており、定期的に社員が使い方を勉強し、災害時にスムーズに使用ができるよう確認しています。

防災訓練

結婚式場や葬祭会館、リハビリ施設は多くの方が集まる場所である為、いざというときにすばやく安全な場所へお客様を誘導できるよう、定期的に訓練を実施しています。
館内アナウンスのやり方や通報手順、誘導経路、消火器の使い方について確認しています。
また結婚式場と葬祭会館はAEDも設置されており、使用方法について実技形式での講習も行っています。

2019.12.16

csr10

csr10のなかみ

2012.06.07

認知症サポーター養成講座

結婚式場・葬祭会館とも多くの方々が出入りする施設で、認知症の方もみえる可能性がある為、少しでも気持ちが理解できるようにしたいと計画致しました。
桑名市西部地域包括支援センターの方にお越し頂き、約2時間、認知症に関する内容の説明、接し方を講演して頂きました。
認知症の方への接し方などを聞き、思いやりの気持ちで接しないと相手に伝わらないと感じました。